NFプラグ

NFプラグ(NEWタイプ)

自動式低圧樹脂注入工法(グラウト工法)
のコンクリート補修材注入用器具

本品は、ビル・マンション等の建築物補修工事において一般に利用される補修材注入用のローコストタイプの器具です。

特徴

  1. ローコスト(コスト低減に貢献します!)
  2. 小型軽量で、落下の危険性なし
  3. 使い捨てだから清掃の手間いらず
  4. 補修材の追い足し注入が可能
  5. 圧力タンクの目盛は両側面に縦横両対応に記されているので見やすく、注入状況の確認が容易
  6. 補修箇所の状況に応じた注入が可能
  7. 注入材硬化開始まで間隙部への加圧状態は保持され、空洞化の心配なし。

 一般にビル・マンションなど建築物のコンクリート壁のひび割れなどの空洞・空隙・隙間などを埋めるために注入する薬剤などの流動性液体を建築用語でグラウト(grout)と呼び、その薬剤を用いて空洞等を埋めていく工法はグラウト工法と呼ばれています。

 グラウト工法には、本品のような圧縮空気の復元力を利用して、加圧できる専用器具を用いて、コンクリートに発生したひび割れに補修材料(エポキシ樹脂、セメント系注入材など)を注入する工法の一つとして、自動式低圧樹脂注入工法といわれる工法があります。

  本品は、この自動式低圧樹脂注入工法で補修材を注入用の専門工具(補修材注入用ポンプ)を利用して、空洞内に送り込むための製品です。

構造

NFプラグの構造

注入原理

  1. 注入口より注入された補修剤がコンクリートの隙間を充填する。
  2. この際、補修材が逆流してきますが、注入口には逆止バルブがあるため、圧力タンク内に留まることとなります。
  3. 圧力タンク内に補修材が入ってくることによりタンク内の空気が圧縮される。
  4. 圧縮された空気の圧力により、タンク内の補修材が再びひび割れに注入される。

補修材注入用ポンプ

グラウト材注入用ポンプ(内容量 40cc)

グラウト材注入用ポンプ(内容量 40cc)

急激な圧力を掛けることなく注入材を一定量注入可能な専用ポンプです。
注入量管理と分解・清掃のメンテナンスが簡便です。
最大耐久圧力7MPa常用使用圧力2MPa

グラウト材注入用ポンプ(内容量 160cc)

グラウト材注入用ポンプ(内容量160cc)

急激な圧力を掛けることなく注入材を一定量注入可能な専用ポンプです。
注入量管理と分解・清掃のメンテナンスが簡便です。
最大耐久圧力4MPa常用使用圧力2MPa


補修材についても取り寄せ可能です。お問い合わせください。

HOME・NFプラグ詳細会社案内プレスリリースお問い合わせ